« こんな日に限って。 | トップページ | カフェごはん。 »

2011年8月 3日 (水)

図書館戦争。

Sh3i0789

有川浩著「図書館戦争」を読みました。
前からずーっとずーっと気になって読みたかったのですが、
なかなか文庫にならず、かなり待ちました。
ようやく文庫になったので、早速購入。

ストーリーは、
2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を
取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。
高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を
追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に
入隊した、一人の女の子がいた。
名は笠原郁(かさはらいく)。不器用ながらも、愚直に頑張る
その情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に
配属されることになったが……!?

登場人物のキャラが分かりやすくて濃い!!
ストーリーも分かりやすく言えば本を奪い合う戦争です。
本好きなので、検閲に負けてたまるかと思わず応援しちゃう。
そして図書館隊の中での恋愛もあったりと
楽しく読むことが出来ました。
とはいってもまだ続くので、続編を読まねば!

|

« こんな日に限って。 | トップページ | カフェごはん。 »

BOOK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんな日に限って。 | トップページ | カフェごはん。 »