« 姫路キャッスル。 | トップページ | 初高円寺。 »

2010年4月14日 (水)

姫路キャッスル天守閣。

P3215235

天守台の東南隅に位置し、外観5重・内部は地下1階・
地上6階の造りになっています。

P3215201
最上階の大棟両端には阿吽(あうん)一対の鯱瓦を
飾っています。こちらは吽の方。

P3215212

石打棚
窓から外の様子を見たり、射撃するときに乗る台。
構造上窓が上の方にしかとり付けられなかった為、
室内から窓の外を見れるように工夫したのです。

P3215222

武者隠し
大天守の3階の四隅にある小部屋で、一説にこの中に
武者が隠れていて、3階に侵入した敵を射撃したんだとか。

P3215187

用具掛け。

P3215193

狭間
鉄砲や弓を射るための、土塀や壁に開いた穴や窓。
縦長に狭間は弓矢をいるため。
蓋をつけた狭間を隠狭間と言い、
建物の壁面に取り付けられてます。

P3215202

天守閣からの眺めです。
正面の縦に伸びる道は姫路駅まで続いています。
姫路城はお堀が3重にもなってたそう。
一番遠いお堀が今の姫路駅あたり。
できた当初のお城の大きさが分かりますね。

と、天守閣内は順調に見れたと思われるかもですが、実はこんな感じ。P3215194

天守閣のてっぺんに登る階段がごった返し。うんざりしながらも並びましたとさ。

最終日は、思った以上に姫路城で時間を取られ、
他にはどこにも行けずでした。
で、バタバタと三ノ宮に帰ってきて。そこからまた
新神戸へ移動、新幹線で帰ってきたのでした。

長くなりましたが、旅日記はここまで~。
お付き合いくださった方、ありがとうございました。

|

« 姫路キャッスル。 | トップページ | 初高円寺。 »

たび。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫路キャッスル。 | トップページ | 初高円寺。 »