« club K | トップページ | 愛は重力を超える。 »

2010年2月10日 (水)

伏線。

ゴールデンスランバー。

多少ネタバレありですっ。
凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、
宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した
旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。
訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と
見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。
絶体絶命の中、大学時代の仲間や出会った人々に支えられながら、
必死の逃亡劇を続けるサスペンスミステリー

伊坂幸太郎さんの本が好きなのですが、
ゴールデンスランバーはまだ読んでませんでした。
知らないお話だけに想像が膨らみ、予告を見た時点で、
絶対観ようと決めていたのです。

伊坂作品らしく、伏線が色々張り巡らされていて、
ここがこう繋がるのかと関心しちゃいます。
特に終わり10分ぐらいはうるうる。
まだ気付いてない伏線もあるかもしれません。
もう一度じっくり観たい映画です。

何のために?犯人は??っていうところが
曖昧なまま終わっているので、はっきりさせてたい人は、
納得がいかないかも!?
私はこれはこれで良いんだと思いましたけど。

出演者がめちゃめちゃ豪華です。
堺雅人 、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、
貫地谷しほり、相武紗季、大森南朋、ソニン、
濱田岳、柄本明、香川照之、伊東四朗などなど。

この映画でキル男役をやっていた濱田岳くんの
ファンになりました。ものすごく惹きこまれます。
アヒルと鴨のコインロッカーといい、伊坂作品には、
欠かせない存在ですね。

そして、伊藤四朗さんの存在感はすごいです。
役としても良かったと思うのですが、ちょっとしか出ないのに、
ものすごくインパクトがありました。

ゴールデンスランバーというタイトルがビートルズの
曲からだということも分かりました。この曲も良い曲です♪

|

« club K | トップページ | 愛は重力を超える。 »

えいが。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« club K | トップページ | 愛は重力を超える。 »