« 月世界。 | トップページ | 夢の国。 »

2009年6月 6日 (土)

五右衛門ロック。

五右衛門ロック。


ゲキ×シネの「五右衛門ロック」を観ました。
映画館で観る演劇。生の舞台とは違い、映像で観るので
出演者の表情がよく分かります。そして迫力もあるのです。

時は豊臣秀吉の世。
稀代の大泥棒・石川五右衛門(古田新太)は
役人・岩倉左門字(江口洋介)らの手でお縄となり、
釜茹の刑に処される。
その葬儀を仕切る謎の美女、真砂のお竜(松雪泰子)。

実は五右衛門はお竜により助けだされていたのだ。
そこに現れる南蛮人ペドロ・モッカ(川平慈英)たち。
彼らに乗せられた五右衛門一味は、南の果てのタタラ島に眠る
神秘の石「月生石」を求めて船出する。
しかし、彼らを追う左門字もろとも猛烈な暴風雨が遅い、
海に投げ出される。
南の島に流れ着いた彼らは、タタラ島国王クガイ(北大路欣也)の
手下によって捕らえられる。
絶対絶命のピンチの場にクガイを憎むバラバ国のカルマ王子(森山未來)、
ボノ将軍と妻のシュザク夫人(濱田マリ)が攻め込んできて!

「月生石」の持つ力とは?クガイはいったい何者なのか!?
果たして、五右衛門の運命やいかに。。。

ものすごい豪華メンバー出演です♪
ストーリーも分かりやすくて良い(*'ー'*)
生バンドでの歌あり、ダンスあり。
そして涙あり、もちろん笑いも!!

松雪さんのはじけっぷりが新鮮で、そしてキレイでかっこいい!!
歌うのを初めて見ましたが、良い声してます♪
衣装もステキ。

古田新太さんは、今回も楽しいのでした(笑)
なんであんなに五右衛門の衣装が似合うんでしょう!?

江口洋介さんもはつらつとしてました。
いきなりギターを取り出し、歌いだすのも良い(笑)

森山未來くんは、ダンスも歌も本当にうまくって見入ってしまいます。
感情移入して、ちょっとホロっとさせてくれました。

濱田マリさんは、音魂の声だぁ〜って感じ(笑)
ステキなキャラクターで楽しかったです。

他にも言いたいことが一杯!!
DVDがほしくなりました。

五右衛門ロック。

五右衛門ロック。

帰りに見た五右衛門ロックの衣装展。
展示されてるけど、こんな地味なところでやらなくっても。。。
って思っちゃいました。
でも衣装は豪華!!そしてキレイです。

|

« 月世界。 | トップページ | 夢の国。 »

えいが。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月世界。 | トップページ | 夢の国。 »