« 山陰の小京都。 | トップページ | 松陰とその弟子たち。 »

2008年12月22日 (月)

タイムスリップ。

3日目は、萩の散策へ。

Pc162434

維新の三傑と詠われた木戸孝允、別名“桂小五郎”の生家。

Pc162443

旧久保田家。呉服商・酒造業を営んでいました。

屋根裏に物置や使用人の寝間を設けた「つし二階」を持ち、

立ちが高いのが特徴です。

Pc162446

旧久保田家の庭です。

Pc162466

タイムスリップしたかのような道。このあと、向こう側から郵便局の

車が来ちゃいました。気分台無しcoldsweats01

Pc162476

幕末の風雲児・高杉晋作の生まれ育った家。写真はお庭。

前はもっと大きかったそうです。

Pc162482

明治維新の立役者である高杉晋作や伊藤博文が

勉学に励んだ寺として知られている。

Pc162489

県下一の石灯籠。

Pc162487

高杉晋作や伊藤博文が遊んだという木馬。

このお寺はやたらと解説があり、親切です。

ちょっと前にアニメ名探偵コナンでこのお寺が出てきたそうで、

その説明もありました(笑)

こうして昔の偉人が生きた証が残っているのはすばらしいことです。

萩の町は狭いですがゆっくり見て周ると時間がかかります。

また行きたいと思いました。

|

« 山陰の小京都。 | トップページ | 松陰とその弟子たち。 »

たび。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山陰の小京都。 | トップページ | 松陰とその弟子たち。 »