« ハワイアン。 | トップページ | 主人公は僕だった!? »

2008年4月19日 (土)

the Holiday

Holiday

ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは
恋人に浮気され、彼を家から追い出した。
ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に目の前で
別の女性と婚約発表されて失意のどん底に。
傷心の2人はインターネットの「ホーム・エクスチェンジ」サイトで出会い、
お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を
過ごすことにした。
まったく違う環境で過ごす2週間。

アマンダは辛くても涙が出ない、強気な女性。
そんなアマンダがアイリスの兄グラハムと出逢い、
思いがけないラブ・ストーリーがはじまる――。

アイリスは失恋を引きずりつつもロスでの生活を楽しもうとする。
作曲家のマイルズや近くに住むハリウッドの脚本家のおじい様に出会い、
少しずつ変わっていく。
このおじい様が映画を通じて強い女性というものを気付かせるのです。

それぞれが失恋から立ち直る為、新しい恋をする。
ありがちなラブストーリーですが、楽しく飽きることなく観れました。
まったく性格の違う二人なので、観ていて面白かったです。
アマンダをキャメロン・ディアス、アイリスをケイト・ウィンスレットが
演じています。

|

« ハワイアン。 | トップページ | 主人公は僕だった!? »

えいが。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハワイアン。 | トップページ | 主人公は僕だった!? »